これも一つの「虐待」

コロナ禍になって約2年半が経ち、あらゆるイベントが緩和されてきたというのに、未だ日本人は「マスク信仰」に囚われている。
信仰というより「皆がしているから」という同調圧力に追従しているだけに過ぎない人がほとんどだろう。

市販されているマスクではウィルスを防げない事は立証済みなのに、このクソ暑い中でマスクをし続ける大人たち。
大人はまだ自分の意志で外したい人は外せるが、学校という枠組みの中では「子供たち」は
「外したくても外せない」・・・・マスクをし続ける「デメリット」の方を真剣に考えて欲しい。

 

この時期では「熱中症」が危険視がされているが、私はこの数年先の子供たちの「脳」の発達に影響を及ぼさないかが心配である。マスクをし続ける事で、脳が慢性的な「酸欠」になってしまう事の方が「怖い」と誰も思わないのか?疑問に持つこともないのか?
「呼吸」が大事だと昔から言われているように、人は「鼻呼吸」が理想的。

 

どんなウィルスや細菌も鼻の粘膜がそれらをキャッチし、排除してくれる。人間の身体は本当に凄い機能を持っているにも関わらず、子供たちに優しい言い回しでマスク・ワクチン接種を「強要」する事も、ある意味一つの「虐待」にしか見えない。

 

「大切な人を守る為に」という、日本人が好きそうなこの文言が私は嫌いだ。

 

本音は「私は何事もガマンして大切な人を守るいい人です」
そんな裏の思惑が読み取れるからだ。

 

子供たちに「大切な人を守る為に」という言葉で誘導し、洗脳し、彼らの意志を無視し、マスク着用が「常識」という現状を刷り込んでいる。

 

・新型コロナの死亡者数も感染者数も陽性者数もメディアの捏造であった事。
・マスクでは感染対策できない上に、デメリットの方が大きい事。
・PCR検査の不確定要素と嘘。

 

もしあなたが「親」であれば、子供の意見を聴いてみて欲しい。メディアが流す情報だけを鵜呑みにせず、あらゆる角度から自分で調べる事こそが、本当に「大切な人を守る」という事に繋がるはずである。
マスクをする事をどう思っているのか?子供の意見を無視して、大人たちにとって都合のいい条件を子供たちに押し付けるのは「社会的虐待」だと思います。

 

身近な親であるあなたがまず正しい知識を身に着けて、それを子供たちに正しく伝えてあげて欲しい。現状を今すぐ変えられなくても、一人一人が疑問を持って行動する所からしか、現状を変える術はありません。

 

子供たちにだって、正しい知識を知る「権利」があります。
そして、彼らが安心して過ごせる日常を提供してあげることが「大人の責務」だと
私は思います。

 

神楽庵でお気持ちをお話ししてみませんか?

・子供を可愛いと思えない。
・子供との接し方がわからない。
・いつもイライラして子供に当たってしまう。
・自分のしつけ方が「虐待」になってないか不安。

こんな悩みをお持ちの方、神楽庵で気持ちをお話ししてみませんか?