革進の2023年♪

「2023年」を迎え、誰もが心機一転という気持ちでいる事と思います。

 

 

私もその一人としてまずは「今年の漢字」を掲げる。

「進」

古い習慣や制度を改めて、新しく進歩する。
「仕事」も「人間関係」も「私自身の生き方」も含めて、改め、進歩する。
去年は我ながら怠惰な日々を過ごしていたので、今年はマイペースでもいいから
新しい事にチャレンジする。

 

そんな意気込みを込めて「進」という漢字を選んだ。

 

今年のお正月は久しぶりに実家に集まり、家族全員で過ごした。
この3年で、一回り以上も小さくなった母が頑張って作ってくれた「おせち料理」は、
やはり美味しかった。
無理して欲しくない気持ちもあるが、何もしないでいては今以上に動けなくなるという
不安もある・・・というのが私の本音だ。
高齢の父と母が未だ元気でいてくれる事は奇跡的であり、ありがたいと思う。

父はよく、笑いながら私に言う

「子ども孝行な親だよな」

仰る通りです(笑)

 

そんな家族と過ごせたお正月はとても楽しかった。
何気ない日常とありふれた家族との会話。
本当の幸せとは、こういう日常の中に溢れている事で決して特別な日ではない事。
その事を思い知らされた「2023年」のスタート。

 

新しい年の始まりが「家族団らん」から始まった事で、私自身の気持ちも一新された。

 

自分が今やりたい事・やるべき事が何なのかを見つめ直していく年。
拘る事も時には大事だけど、そこに執着しないで柔軟に対応していくことも大切だと思える。
立ち止まっていては何も変わらないし、進まない。

 

だから今年は「進む」という目標を掲げ、前進する。
その先にきっと「新しい出会い」「変化」「気付き」があると信じる。

これまで私を支えてきてくれた人々とこれから出会う人々へ、
「2023年、よろしくお願いいたします」

神楽庵でお気持ちをお話ししてみませんか?

・自分の子育てに自信がもてない。
・自分は「毒親」なのではないかと不安。
・いつもイライラして子供に当たってしまう。
・自分のしつけ方が「虐待」になってないか不安。

こんな悩みをお持ちの方、神楽庵で気持ちをお話ししてみませんか?